「どうしてバッテリーを ネット通販で?」

あきれ顔で、友人は笑ったけど、
「安いだけじゃなく、能力アップも!」とビックリ。

スカイラインクーペのバッテリー交換 低予算で容量アップも


スカイラインクーペ(日産)のバッテリー交換
いつまで高いバッテリーを使い続けますか?

70%OFFの3割程度とか、半額とかの値段でも、バッテリーは購入できます。

スカイラインクーペのバッテリー交換、本当は こんなに安く ても大丈夫です。

それはなぜか? 理由は簡単です。 再生バッテリーだから。

再生バッテリーってすぐ悪くならないの?」と不安を感じるかもしれませんが、しっかり 18カ月のロング保証という長期保証もあります。

ところでバッテリーは寸法が同じなら、バッテリー容量の大きいものを使うことができることはご存知ですか? 近頃は何かと電装装備が充実している分、バッテリーの能力は大きいほうが安心です。

再生バッテリーなら格安なのでランクアップのバッテリーを選ぶのラクラク。 すごく経済的でありながら、より安心・快適な愛車の環境を整えることができます。

しかも、再生したバッテリーなので、地球環境に優しいところも嬉しいですね。

忙しい人や急いでいる人にも嬉しいことに、最速で翌日配送もあります。 ネット通販ならショップの営業時間にも縛られないので、バッテリー交換のために休日を使う必要はなくなります。



↑ 安くて!長期保証!高性能 再生バッテリー! ↑

新品で安いバッテリーなら

「安さもエコも分かるけど、どうせ交換なら新品じゃなきゃ!」
「再生品じゃなくても安い新品はないのかな・・・」

卸価格と変わらない安い新品バッテリーは、コンテナでの大量仕入れで実現したそうです。 さすがはバッテリー専門店。

半額や、それ以上に安いバッテリーを見つけることもできるはずです。 なかなかディーラーや量販店には難しいかも。

でも安いと気になるのが「品質」と「能力」。 だから走行距離の保証や、2年保証などの確認も大事です。 安いからこそできる手軽なランクアップもポイントです。

年中無休のネットショップなので、店の営業日時を気にすることなく、必要なときに自分のタイミングで注文できます。 午後からの注文でも当日発送にも対応し、急いでいても便利です。

バッテリー交換作業の動画が何種類もアップされており分かりやすいです。

さすがネット通販で何年も実績のあるバッテリー専門店だけに、『痒いところに手が届く』サービスです。 ちなみにお客さまの声のなかもヒントや参考がいろいろ見つかると思います。

浮かせたお金は、自分へのご褒美か、はたまた家族と遊ぶ軍資金か。


↑↑ クリック ↑↑

Line


バッテリー交換の まめ情報

バッテリーの能力をランクアップするともっと快適に安心して愛車を乗れます。車には電力を要する装備がいっぱいです。例えば、カーナビ、オーディオ、カーエアコン、パワーウィンドウ、ライト、フォグランプ、カメラシステム、セキュリティシステム、光を使ったドレスアップグッズなどなど・・・思いつくものだけ挙げてもかなりありますし、今後も益々増えることでしょう。一方でLEDの室内灯など、省電力に配慮された製品もあります。省電力を考えつつも、再生バッテリーで能力アップをはかれば快適なドライブ環境が格安で手に入りますね。

日立
日立/HITACHIの自動車バッテリーもよく見かけるバッテリーです。日立グループの新神戸電機で作られています。自動車用鉛蓄電池(カーバッテリー)のほか、フォークリフトや産業用のバッテリーも作ってます。さらに産業用リチウムイオン電池、リチウムイオンキャパシタ、コンデンサ製品なども。

夏のバッテリー上がりの原因
夏場にバッテリーが上がる車は多いです。なぜでしょうか?理由は簡単です。夏場はエアコンがフル稼働のため、走行時でもあまり充電されにくくなる傾向があります。元気なバッテリーなら問題なくても、交換時期が近づいているバッテリーにとっては負担が大きくなりやすいようです。暑い夏ほどバッテリー上がりに要注意ですね。

パナソニック
パナソニック/Panasonicの自動車用バッテリーはよく見かけます。パナソニックといえば自動車バッテリーに限らず、広く電池や電化製品などでもよく知られたメジャーなメーカーなので、なんだか安心して購入できます。ただ、自動車専用感がないのが気分的に少し残念かな。

ボンネットに注意
バッテリー交換の作業で危険なことといえば、重いバッテリーを移動するとき。落として怪我をしないようにしましょう。それと、作業に集中してボンネットの存在を忘れ、頭をぶつけることも危険です。あと持っている事を忘れて、工具が端子に接触して、びりっとやってしまうことでしょうか。

電装装備とバッテリー
近頃便利な電装装備が増えています。電装の装備の動力源はもちろん電気です。車の中の電気といえばバッテリーです。つまり便利になるだけバッテリーの負担は増えていくということです。バッテリーは寸法が同じであれば、パワーが上のものを利用することができます。一つ上のランクを利用するというのもの手ですね。

バッテリー交換@車のこと・スカイラインクーペするならさんこうに.

自動車公取協【AFTC】自販連【JADA】日産自動車

Copyright © 2007-2017 車種別バッテリー得する情報. All rights reserved