「えっ!バッテリーまで ネット通販?」

最初、友人は笑ってたのに、
「能力アップで そんな安い!?」って、驚き顔!

S2000のバッテリー交換 低予算で容量アップも


S2000(ホンダ)のバッテリー交換
いつまで高いバッテリーを使い続けますか?

70%OFFの3割程度とか、半額とかの値段でも、バッテリーは購入できます。

S2000のバッテリー交換、本当は こんなに安く ても大丈夫です。

それはなぜか? 理由は簡単です。 再生バッテリーだから。

再生バッテリーってすぐ悪くならないの?」と不安を感じるかもしれませんが、しっかり 18カ月のロング保証という長期保証もあります。

ところでバッテリーは寸法が同じなら、バッテリー容量の大きいものを使うことができることはご存知ですか? 近頃は何かと電装装備が充実している分、バッテリーの能力は大きいほうが安心です。

再生バッテリーなら格安なのでランクアップのバッテリーを選ぶのラクラク。 すごく経済的でありながら、より安心・快適な愛車の環境を整えることができます。

しかも、再生したバッテリーなので、地球環境に優しいところも嬉しいですね。

忙しい人や急いでいる人にも嬉しいことに、最速で翌日配送もあります。 ネット通販ならショップの営業時間にも縛られないので、バッテリー交換のために休日を使う必要はなくなります。



↑ 安くて!長期保証!高性能 再生バッテリー! ↑

新品で安いバッテリーなら

「やっぱり新品で安いバッテリーを探したい!」
「知らない人が使った中古品には抵抗が・・・」

卸価格並みに安い、バッテリー専門店の格安バッテリーもあります。 コンテナでの「大量仕入れ」と「大量販売」が安さの秘訣のようです。

量販店やディーラーには真似できない値段を見つけることができるでしょう。半額近いものや、それ以上安いものも見つかるかも。

でも安いと気になるのが「品質」や「能力」。 だからこそ2年保証や走行距離の保証が重要です。 安いから能力アップも気軽にできて、節約といっしょに快適さもアップできます。

当日午後の注文でも当日発送にも対応しており、急いでいる人にはうれしいです。 年中無休なので、店の営業時間を気にせずに、マイペースな交換ができます。

交換作業に自信がなくても、車種別に用意されたバッテリー交換の動画が分かりやすいです。

もう何年もネット通販で実績をあげている専門店ですので安心です。 はじめての人にはお客さまの声も参考になります。

浮いたお金は、自分へのご褒美として使うのもいいですし、家族と一緒に楽しむのに使うのもいいかな。


↑↑ クリック ↑↑

Line


バッテリー交換の まめ情報

バッテリーの能力をランクアップするともっと快適に安心して愛車を乗れます。車には電力を要する装備がいっぱいです。例えば、カーナビ、オーディオ、カーエアコン、パワーウィンドウ、ライト、フォグランプ、カメラシステム、セキュリティシステム、光を使ったドレスアップグッズなどなど・・・思いつくものだけ挙げてもかなりありますし、今後も益々増えることでしょう。一方でLEDの室内灯など、省電力に配慮された製品もあります。省電力を考えつつも、再生バッテリーで能力アップをはかれば快適なドライブ環境が格安で手に入りますね。

アトラス
アトラス/ATLASは、韓国電池のバッテリーです。一般的にはあまり知られていませんでしたが、ネットではよく目にするバッテリーです。ATLASBX社は韓国ではシェアの高いバッテリー会社です。韓国や日本だけでなく、世界に出荷されているバッテリーです。グローバルですね。

車の大きさとバッテリーの価格
大きい車ほどバッテリーの値段は高いです。当たり前のことですね。タイヤも、ワイパーも、そのほかの部品も、大きい車ほど高額になる傾向があります。そういう意味では、軽自動車は経済的でうれしいですね。大きい車の大きい満足には、お金はかかりますね。

カーナビ
カーナビは欠かせない電装品の一つになっています。単に初めての場所に行くための道案内というだけでなく、到着時刻の見込みまで計算できるので便利です。カーナビは出始めた頃は精度も低く、使い勝手がいまいちでしたが、どんどん進化してドライブに欠かせない機能の一つになっているのでした。

HIDとハロゲン
ヘッドライトには従来のハロゲンのほか、HIDなどがあります。HIDは明るくて見やすいというイメージがありますが、同時に省エネなことでも知られます。HIDはハロゲンのように熱を発生しない分、効率的に光をつくりだすようになってるんだとか。バッテリーへの配慮からもHIDに軍配が上がるみたいです。

バッテリーの-極と車体の関係
バッテリーには+極と-極がありますが、車体に-極を接地しているので、車全体が-極と同電位です。知ってますか?車全体が-(マイナス)なので、プラスの電極とつながった金属が車に触れるとショートしてしまいます。ですので、バッテリー交換では、まず車体と-極の接続を最初に外すのが基本です。また、車体と-極をつなぐのは作業の最後です。

廃車の判断基準@快適カーライフ!アイシス事故車も低年式も.

ロードサービス【JAF】道路交通情報【JARTIC】ホンダ

Copyright © 2007-2017 車種別バッテリー得する情報. All rights reserved