バッテリーもネット通販が人気のワケ

安いのはもちろんで、補償もしっかり
能力アップしてなお節約できる驚きも

ラシーンのバッテリー交換 低予算で容量アップも


ラシーン(日産)のバッテリー交換
思ってた以上に高いことに迷ってませんか?

半額はもちろん、3割前後(70%OFF)からの値段で、バッテリーが購入できます。

ラシーンのバッテリー交換は、発想を変えるだけで かなり安く できます。

なぜ? その理由は簡単です。 再生バッテリーだから。

再生バッテリーと聞くと、本当に大丈夫か不安を感じるかもしれないですが、ちゃんと18カ月ロング保証も付いてます。

「中古」とか、「使い回し」などの古臭いイメージで目が曇り、お宝を見落しては残念です。

ところでバッテリーはパワーも重要です。 スライドドアやパワーウインドウ、エアコン、ステレオ、カーナビ、・・・車内の電気不足が気になる人にも。

格安の再生バッテリーならコストを抑えたまま、容量アップもラクラク。

快適な車内環境を、節約エコをしながら整える事ができます。

忙しい人、急いでいる人にも便利な、最短で翌日配送もあります。営業時間に縛られずに、空いた時間で交換すれば、休日を削られることもないです。



↑ 安くて!長期保証!高性能 再生バッテリー! ↑

新品で安いバッテリーなら

「新品へのこだわりは捨てたくないな・・・」
「少し高いくらいなら再生中古品より新品のほうがいいな・・・」

新品を安くに取り組むバッテリー専門店もあります。 コンテナによる大量仕入れで、卸価格並みの格安を実現しました。

ディーラーにも量販店にも真似できない価格が見つけられるはずです。 半額とか、それ以上の値引きがあることも。

でも安さと引き換えに「品質」や「能力」がダメでは困ります。 だから2年保証や走行距離に応じた保証の存在は見落とせないですね。 その一方で安いからこそランクアップが手軽で、快適さアップも楽々です。

年中無休のネット通販なので、店の営業時間に影響されずにマイペースに購入できます。 しかも午後の注文でも当日発送にも対応し、急いでいても大丈夫そうです。

交換作業に不慣れだとしても、車種別にバッテリー交換作業の動画があり、動画で作業が確認できます。

ネット通販で何年も実績のあるバッテリー専門店ですので安心です。 お客さまの声からも、いろんなヒントがもらえます。

節約して浮かしたお金でできることを思えば、自分で交換作業するのも面倒ではないはずです。


↑↑ クリック ↑↑

Line


バッテリー交換の まめ情報

バッテリーの能力をランクアップするともっと快適に安心して愛車を乗れます。車には電力を要する装備がいっぱいです。例えば、カーナビ、オーディオ、カーエアコン、パワーウィンドウ、ライト、フォグランプ、カメラシステム、セキュリティシステム、光を使ったドレスアップグッズなどなど・・・思いつくものだけ挙げてもかなりありますし、今後も益々増えることでしょう。一方でLEDの室内灯など、省電力に配慮された製品もあります。省電力を考えつつも、再生バッテリーで能力アップをはかれば快適なドライブ環境が格安で手に入りますね。

交換作業
バッテリーの交換作業はやってみると簡単ですが、経験したことがない人には未知の世界なのでしょう。なかなか挑戦するきっかけもなく、店任せになっている人も多いです。バッテリーの販売店にとっては簡単な作業でバッテリーが売れるのですから大助かりでしょう。

バッテリーの規格と車種
同一の車種でも年式やグレードなどで搭載しているバッテリーの規格が異なることは珍しくありません。ですので、一番確実なのは現在自分の愛車に搭載しているバッテリーの現物を見て規格を調べることです。愛車のボンネットを開けてみましょう。(汚れていたら、ふき取りも必要かもしれませんが・・・)

損傷のあるバッテリー
バッテリーでも損傷のあるバッテリーは再生に向かないそうです。重くて頑丈なイメージのバッテリーですが、意外にデリケートな面もあるようです。ですので、再生するなら、物理的な損傷をうけていないバッテリーを選ぶ事が大事です。なんでも再生させればいいというわけではないんですね。

ボンネット開けてますか?
「愛車のボンネットを自分で開けたことが無い」という人が意外に多いです。教習所でボンネットを開けて以来、車のボンネットを開けたことがないというのでは、いざという時に困ります。近頃はガソリンスタンドで、ウォッシャー液やバッテリー液なども補充してもらう人も多く、自分であけなくても間に合ってしまう場合が多いことの裏返しなのでしょうね。

バッテリーの-極と車体の関係
バッテリーには+極と-極がありますが、車体に-極を接地しているので、車全体が-極と同電位です。知ってますか?車全体が-(マイナス)なので、プラスの電極とつながった金属が車に触れるとショートしてしまいます。ですので、バッテリー交換では、まず車体と-極の接続を最初に外すのが基本です。また、車体と-極をつなぐのは作業の最後です。

HIDバルブキット知りたいラシーンでドレスアップ.

自動車公取協【AFTC】自販連【JADA】日産自動車

Copyright © 2007-2017 車種別バッテリー得する情報. All rights reserved