Line

バッテリー交換について



愛車のメンテナンス大丈夫ですか? 自動車は長く乗っていると、いろいろな部品を交換しなければいけません。 その一つがバッテリーです。 バッテリーの場合、問題を起こすと自動車は全く動けません。エンジンがかからなくなるのですからね。 近頃は電装装備も充実しているため、バッテリーがますます重要な位置づけになっています。

さて、バッテリー交換で、意外にバッテリーが高いことで驚く人が多いです。 普段使用しているときは、縁の下の力持ちで、目立たないバッテリーですが 一度問題が起こると困ってしまうバッテリーです。 そんなバッテリーですので、高いと思っても、しぶしぶながらお金を払っています。

でも、実はバッテリーはモット安く手に入れることができます。 なんと3割程度の価格のものもあります。 なぜか?理由は簡単、再生バッテリーだからです。 バッテリーの再生品です。 安いといっても長期補償もついて安心して購入できます。 新品の半額は当たり前で、70%OFFのものもあります。 言うことないですね。

同じ規格のバッテリーを買うのもいいですが、 1ランクパワーが上の再生バッテリーを買うという方法もアリでしょう。 電装装備が充実してきていることで、バッテリーへの負荷が大きくなっているでしょうからね。 経済的に、愛車の快適・安心環境を整えましょう。

再生バッテリーの利用は、実は地球環境にも優しいことですし、いいことづくめかもしれませんね。

びっくり安値の再生バッテリーでバッテリー交換

新品で安いバッテリーなら

「安くても中古品や再生品への抵抗が・・・」
「新品でも安いバッテリーはないのかな?」

コンテナでの大量仕入れや、大量販売で、卸価格並みの格安を実現した専門店のバッテリーが参考になります。

ディーラーや近くの量販店と比べてみるときっと分かります。半額近い値段のものも見つかるでしょう。

品質や能力については、2年保証や距離保証が参考になるはずです。 格安だけに能力アップすることで、快適さの向上も狙えます。

年中無休で当日発送にも対応しており、急ぎの人にも喜ばれています。

車種別に用意されたバッテリー交換作業の動画もすごく便利です。

ネット通販で何年も実績のある専門店ですので安心です。 お客さまの声も参考になります。

浮いたお金で、バッテリー容量をアップさせるのも、ドライブ旅行の資金にするのも、自由自在ですね!


↑↑ クリック ↑↑

Line

バッテリー交換の まめ情報

VARTA
VARTA/ファルタは、ドイツのハノーファーに拠点を置く電池メーカーです。1904年の設立と歴史もかなり古く、自動車、産業などの電池を作っている世界的名企業なんだそうです。でも、日本ではそれほど知られていないように思います。名前になじみを感じない人もおおいでしょう。

PHEV
プラグイン・ハイブリッド電気自動車(PHEV)は、外部の電源からも充電できるハイブリッド車です。ハイブリッド車より電池容量が大きく、電池だけでも相当距離の走行が可能です。災害時の非常電源としての用途や、アウトドアでの電源としても重宝するというメリットもあります。

バッテリーの重量
バッテリーを初めて持つと、重さに驚く人は多いです。なぜなら、バッテリーの中には鉛が入っているからです。大人なら持てないほどではないですが、ずっしりした重みに初めてならびっくりする人も多いです。バッテリー交換では油断して、落とさないように気をつけてくださいね。足に落としたらかなり痛いですよ。

電装装備とバッテリー
近頃便利な電装装備が増えています。電装の装備の動力源はもちろん電気です。車の中の電気といえばバッテリーです。つまり便利になるだけバッテリーの負担は増えていくということです。バッテリーは寸法が同じであれば、パワーが上のものを利用することができます。一つ上のランクを利用するというのもの手ですね。

ACデルコ
ACデルコ/ACDelcoはゼネラルモーターズグループのバッテリーです。独立企業時代のデルコでは、自動車用だけではなく航空機用のバッテリーも開発していました。米国オハイオ州デイトンに創立した会社でしたが、デルコは1920年にゼネラル・モーターズに売却されました。

Copyright © 2007-2017 車種別バッテリー得する情報. All rights reserved